今回も本の紹介をしたいと思います。

『週休3日でも年収を3倍にした仕事術』  越川 慎司 著

いつものようにAmazonのリンクを貼っておきますね。

 

さっそく感想を書きたいと思いますが、
うーん、この本の感想ははっきり言って難しいですね😥

この本の著者である越川さんは最近ベストセラーになった本、

AI分析でわかった トップ5%リーダーの習慣

も書かれているんですよね。

この本です。

 

 

この本、私も購入はしたのですがまだ読めていません。

その前にちょっと他の著作も読んでみようと思って図書館で借りられる越川さんの本を探したところ、
この本があったので読んでみたという次第です。

買った本を先に読めよって話ですよね。
まあ、いいんです🙄

この「週休3日でも・・・」については、
正直サラリーマンである私には参考になるところがあまり多くなかったです。

というか、本書で書かれているような仕事術は普通のサラリーマンではありえないです、
はっきり言って。

普通に考えたらわかりますよね。
サラリーマンなのに週休3日なんてありえない、と。

タイムリーな話ですが、今日ネットニュースでパナソニックが週休3日制を導入するというような記事を見ました。
これから先少しずつそういう会社も増えてはくると思いますが、
それが普通になるにはまだまだ時間が必要でしょう。

また、週休何日かは置いておいたとしても、普通に考えて社長にでもならない限り、
給料が3倍になることなんてありえません。
社長になっても3倍ももらえるのかなぁ?
よくわかりませんが、ましてや週休3日になったら給料が3倍になるどころか
1日分の給料を減らされるのはほぼ確実だと思います。

サラリーマンでありながら夢の週休3日で給料も3倍になる方法がこの本に書かれている、
と思って読み始めようとしているあなた。
それだと私と同じようにガッカリしてしまうこと請け合いなのでやめた方がいいです😣
残念ながらそんな仕事術はこの本のどこを探しても書かれていません。

だったら薦めるなよって話ですね、すみません😋

ただ一つ言えることは、

サラリーマンだと無理だけど起業をしたらそういうことも可能だよ

ということです。

本書の中では時短や生産性を上げるための仕事術についてたくさん書かれていますが、
サラリーマンには実践するのが難しいことばかり書かれています。

たとえばですが、コミュニケーションにはメールよりチャットを使え、
と書かれていますが、こういう慣習を変えるということが一サラリーマンにとってどれだけ難しいかは
わかってもらえると思います。

そりゃ、やるのは簡単ですよ。
そういう風なシステムを導入すればいいだけなんですからね。

だけど、それを一人のサラリーマンが決められる会社はそう多くないはずだし、
変えようとしたらとてつもないエネルギーが必要になります。

会議を減らしなさい、なんていうのもわかっているけどできないですよね。
上司が怖い顔して詰めてくるんですよ?
どうして「会議を減らしてください」なんて言えます?😅

本書の中でも、著者の越川さんが日本の企業に勤められていた時のことが少し書かれていますが、
否定的な書き方をされています。
あの頃は私もこうだった、的なやつです。

そうです、著者には申し訳ないのですが、
普通のサラリーマンにはアドバイスが劇薬過ぎて飲めない、
というのが私の本書を読んだ率直な感想です。

みんな、サラリーマンでありながら週休3日の給料3倍を望んでるんです!!

・・・とは言ってみたものの、そんなおいしい話があるわけないですよね。
はい、わかってますよ、そんなこと。
本を読まずともそんなことくらい少し考えたらわかります。
私の考えが甘かっただけですよ、すみませんね・・・😭

ですが、ですよ。
そんな結論だけだと本を読んだ時間がもったいないじゃないですか。

何かしら得る物、参考になる考え方はなかったのかと思って本を開きなおしてみましたよ、私。
そしたら自分にとっても参考になると思われるエキスを抽出することに成功しました😋

逆に考えると、ですよ。

こういう仕事術を実践しようとしたら、
まずは起業をして選択の自由度を格段に上げるか、
あるいは時間に余裕がある会社に転職するしかない、
ということに気づかされると思います。

正直、サラリーマンである以上、短期間で給料が劇的に上がるという可能性はほぼゼロでしょう。
そして週休3日どころか、残業とストレスまみれの生活が続くことになります。

だからこそ、そういう生活を続けたくないのであれば今の延長線上で物事を考えてはいけないよ、
ということだと思います。

起業となるとなかなか難しいことだと思いますが、
給料が下がっててでもワークライフバランスを重視すること、
つまり時間の自由度が高い会社を選ぶことが重要なのかなと思います。

そして、転職でできた自由な時間を使ってもう一つの収入の軸、
要は副業をしながら経済的な自由を保つように努力するしかないんだろうな、
というのが私が導き出した結論です。

私ももちろんサラリーマンであり、週休3日も給料3倍も望める状況にはありません。

ただ、少し前にも記事にさせてもらいましたが、
今月から新しい部署に異動しました。

前の部署は本当に大変な部署でまさに残業とストレスにまみれた職場でしたが、
今度の職場はそこと比べるとかなり時間的な余裕がある職場です。

まだ2日しか新しい部署で仕事をしていませんが、
同じ会社にいながらにしてこうも環境が違うのかと驚かされます。

私にとっては、給料を減らされる心配もなくホワイト企業に転職をしたようなものです。

前の職場で苦しんでいる人に対して申し訳ない気持ちは本当にたくさんあるんですが、
私の人生にとっては良い変化であることは間違いがないと思います。
いや、そうしないとダメなんだと思います。

この空いた時間を使って収入の軸を増やすもよし、
自分のやりたかった仕事に力を入れるもよし、
とにかく良い結果になるように、上手に時間を使っていきたいと思っています。