旅/お出かけ

飛行機下りたら即ネット接続!! AIRSIMのご紹介

今回は頻繁に海外旅行に行く方にお勧めのアイテムを紹介したいと思います。

今はもう同じようなサービスが山ほどあるのかもしれませんが、
私がいつも使っていたAir SIMというサービスを紹介したいと思います。

インドネシアに駐在中、他の国へ出張で行くことがちょくちょくありました。
家族で駐在に行っていたので帰省や主張で日本で来ることもありましたね。

そんな時、困るのがネット接続です。
やっぱり現地に着いたらすぐにメールやSNSを確認したいですよね。

昔は外国の空港に着いたらSIM屋に寄ってSIMを買い、カードを入れ替えて設定を変えて・・・
ということをやらないといけなかったのですが、言葉が通じなかったり、
着いてすぐにはお金がなかったりしてとにかく面倒でした。

日本から出発する場合はレンタルWifiを借りる手もあるのかもしれませんが、
スマホとWifiの両方を持ち歩くのは邪魔ですしね。

ですが、このAir SIMを知ってからはそのめんどくささも完全解消でした。


 

設定の仕方は他にもサイトがあるのでそちらを見ていただきたいと思いますが、
ここではAir SIMを実際に使ったことがあるユーザーとして、
メリットとデメリットを紹介したいと思います。

まずはメリットからです。

① 世界中のほぼどこでも使える

このSIMカード一枚あれば132か国以上で使えます。
ほぼ世界中と言ってもいいくらいのカバー率ですよね。

私はベトナム、マレーシア、タイ、台湾、シンガポール、そして日本に出張に行くことがありましたが、
もちろんこれらの国も問題なくカバーしていました。

一度フランスに行ったことがありましたが、この時はAir SIMを知りませんでした。
現地でSIMを買おうとしたのですがカードを買い損ねて外に出てしまい、
約1週間の期間、スマホなしで過ごしました。

あの時は辛かったなぁ。
あの時Air SIMを知っていれば・・・
つくづくスマホの便利さと威力を感じたものです。

② 出発前に設定しておける

Air SIMは先払いが基本です。
AmazonなどでSIMカードを購入しますが、各種設定は専用のアプリから行います。
購入したカードに書いてあるシリアルナンバーを使ってログインします。

購入した時点でプリチャージがありますが、足りない場合が多いので
後で自分でクレジットカードを使ってチャージしておけます。
そうすれば、現地で足りなくなった場合も安心して追加ができます。

プリチャージもいくつか金額がありますので、長期間滞在などの場合は
最初から大きめの金額の物を買っておいてもいいと思います。

あと、出発前に設定することができます。

どこの国にいつ行くかが決まったらアプリから購入手続きをしますが、
まず、希望の通信容量を決めます。
容量に応じて金額が変わりますので、おおよそ自分が使うと思われる容量を選択します。
無制限プランも存在しますので、思いっきり使いたい人はそちらを選ぶと良いでしょう
(国によってはもしかして存在しないかもしれません)。

次に使用する期間を決めます、だいたい1日、3日、5日、1週間、2週間くらいの中から選べます。
1か月というプランもあったかもしれませんが、私はそれを使ったことがないので
記憶がありません。ごめんなさい。

そして、使用開始月日を設定しておけば、到着したその日から使うことができます。

③ ずっと使える

このAir SIMは使い捨てではありません。
チャージすれば1枚のカードをずっと使うことができます。

なので頻繁に海外に出かける人はずっとスマホに入れておいてもいいでしょう。

ただし、デュアルSIMの携帯でないと日本に戻ってきた時にスマホが使えなくなるので
SIMの入れ替えが発生してしまいます。

ですが、海外に行くたびにSIMカードを購入する手間は省けますので、
メリットと言えばメリットかなと思います(人によるかな・・・)

私はたまたまデュアルSIMのスマホを使っていたので、
1つはメインのSIMを入れて、もう1つのスロットにはAir SIMを入れっぱなしにしていました。

④ 飛行機を降りたらすぐに接続できる

これが一番のメリットかなと思います。

飛行機が着陸して、電子機器の使用がOKになったらすぐに電源を入れて
使うことができます。

ただし、到着した後は再起動しないといけなかったりしますが、
まあ、手間と言えばそれくらいです。

とはいえ、正直に言うと、再起動だけではすぐにつながらない場合もあります。
ただ、その時も再起動を何度か繰り返せば接続することができましたので、
そこまでの手間ではないと思います。

次はデメリットですね。
メリットがあれば必ずデメリットもあります。

私が感じたデメリットを書いておきますね。

① 説明が英語である

さきほど紹介したAir SIM用のアプリが全部英語なんです。

これが最大のデメリットかなと思います。

ただ、そんな難しい英語が書かれているわけではないので、
読み解けないほどのものではないと思います。

ですが、やはり慣れるまではちょっと時間がかかるかもしれません。

② 最安値ではない

これは確かめたわけではないので確実なことは言えませんが、
その国の最安値の回線かと言うと、たぶんそんなことはないと思います。
国によってはAir SIMの方がけっこうな割高かもしれないとは思っています。

手間はかかっても現地でSIMを購入した方がもっと安いSIMはあるんじゃないかと思います。

なので、金額が何より大事、という方にはおすすめできないかもしれません。

ですが、割高と言っても絶対額はそこまで高いわけではないですし、
たいていの場合、海外は日本よりもずっと金額が安いので、
それほど気にならないとは思っています。

私はそれくらい割高であっても、便利な方を選びました。

③ 夜の到着だと1日分損した気分になる

使用開始日を設定する必要があることはすでに述べましたが、
到着日が夜だとその日1日分はほとんど使えないので、損をした気分になる方もいるかもしれません。

その場合は初日は我慢して、到着した次の日から使うようにしておけばいいと思います。

ですがその場合、着いてすぐに使える!!というAir SIMのメリットはなくなってしまいますが・・・

 

以上が紹介になります。

今はもうスマホなしでの海外旅行は考えられないですよね。
ですからこの手のサービスはもっといっぱいあると思いますが、
私が知る限りはこのAir SIMが一番良かったと思っています。

特に頻繁にいろんな国に行かれる方にはおすすめできるサービスだと思います。
もし良かったらぜひ使ってみてください。