仕事

〇〇が原因? 海外生産はまさかの連続

私はインドネシアに駐在をした経験があります。

良かったら過去の記事も読んでもらえるとうれしいです。

技術を信用しない技術大国 それが日本私は製造業で働いています。 一応エンジニア、技術者です。 日本からはアップルのような世界的企業が出てこない、 かつての技術大国...
インドネシアってこんな国 私はインドネシアに4年間住んでいたことがあります。 そこで思ったことをいくつか書いてみたいと思います。 ...
金でほぼなんでも解決する国 インドネシアで生活をしていて驚いたことはいくつかありますが、驚いたというか、世界ってこういうものなのねと思ったのが賄賂文化ですね。 ...
自分で自分のことを決められる国=先進国 今日は私がインドネシアにいた時に感じていたことを書きたいと思います。 それは、先進国とはなにか、ということです。 ...

今回もインドネシアで経験したことを書きたいと思います。

  1. なんでこんなに汚いの?
  2. 原因は”水”でした
  3. 現地での使われ方は意外と把握していない

なんでこんなに汚いの?

インドネシアで生産活動をするというのはなかなかにハードなことですが、
その中の一つとして、設備がすぐに壊れる、ということがあります。

年中熱く、朝夕の気温変化もほとんどないので、
四季があったり一日の中でも温度差がある日本とは環境が違います。

そのあたりは制御盤クーラーや除湿器を取り付けることで対策できるのですが、
もう一つ困ったことが、設備がすぐに汚れる、ということでした。

私が導入指揮をした設備も1年足らずでまるで10年くらい稼働しているかのように
汚れてしまいました。

日本から視察で訪れた人から
「この設備、何年前に入れたの?」
と聞かれ、1年前ですと答えると驚いていました。

あと、クーラントを吐出するノズルがよく詰まってしまい、
適切な量の水をワークにかけらないというようなこともありました。

設備が汚れる理由はクーラントしかない。
なぜなら、設備内に全体的に飛散するのはクーラントしかないからです。

設備内の塗装もあっという間にはがれてきて、
それが余計に設備の汚さを助長していました。

それにしてもなんでこんなに設備が汚れるんだろかと悩みました。

原因は”水”でした

いろいろと調べてみたのですが、原因は水でした。

地域にもよるのですが、インドネシアはいわゆる硬水の地域でした。

硬水と軟水を分ける因子は水の中に含まれるミネラル分、
もっと言うとカルシウムの量です。

幸いにも同じ工業団地に軟水化装置を作られている日本のメーカーさんがあったので、
そこにお願いして水の調査をしてもらったりしましたが、
聞いてみると、やはり硬水で困っているユーザーさんが多いそうで、
引き合いがよくあるというお話を聞かせてもらいました。

ノズルが詰まるというのも硬水の地域ではよくある話で、
水の中のカルシウムがノズルに詰まってしまうそうです。
ノズルの流路が狭ければ狭いほど詰まりやすいのですが、
高圧でクーラントを吐出させたい設備が多かったので、
あっという間にノズルが詰まってしまったようでした。

それを知ってから、すぐに軟水化装置の設置に取り組みました。

ですが、現地のスタッフ、特に水回りの管理をしている管理系のスタッフからは
何度も却下をくらいました。

たぶん、今までそんなことを言い出す日本人はいなかったのに、
今度の日本人は一体何を考えているんだ?という感じだったのでしょう。

排水経路に対する注文や、それ以外に何か問題がないのかどうか、
いろいろと調査をさせられました。
その間、指示はされますがほとんど協力はしてくれませんでした。
部下であるスタッフと2人でいろいろと調べましたよ。

頑張って調べて管理スタッフの疑問を解消していき、
「飲み水に軟水が入ることは許可できない」
という最後の指示をクリアして、ようやく導入許可が下りました。

そこからはノズルのつまりはかなり改善されましたが、
設備の汚れは若干マシになったかな・・・というか、
もう設備が汚れまくっていたので、水を変えた効果を見極めることができませんでした。

ですが、その後の汚れの進行具合を考えると効果はあったんじゃないかと思っています。

現地での使われ方は意外と把握していない

インドネシアに設備を入れる際に、いくつかのメーカーさんと話をしました。

最終的にはインドネシアにたくさん設備を入れているという実績があったメーカーを選びました。
実績がたくさんあるなら現地の事情も理解しているだろう、と思ったからです
(それ以外の基本的な仕様もちゃんと比較したのは言うまでもありません)。

ですが、最終的にはそのメーカーさんの設備が一番よく汚れたし、壊れました。

営業さんは「実績ありますから大丈夫ですよ」と言うのですが、
現地でどのような環境で設備が使われているのかはあまり設計者には
フィードバックされていないようでした。
フィードバックされたとしても、現場経験がない以上は有効な手立てを講じることができるかどうかもちょっと疑問に思います。

現地での実績は、もちろんないよりはあった方がいいとは思います。

ですが、それは設備メーカーを決める時の決定打にはならないんだな、
と改めて思わされました。
営業さんの言うことを鵜呑みにしてはいけない、ということですね。

それはなんでもそうですけどね🤣