趣味

バイクを売却 短い間だったけど、ありがとう

こんにちは。かこかと申します。

最初に簡単な自己紹介をさせてください。

  • 大手企業の生産技術を研究/開発する部署の課長
    金属切削の製造技術歴 約20年
  • 上司と部下の人間関係を中心に仕事のことを書いています
  • インドネシア駐在経験あり。インドネシア語検定C級持ってます
  • 小さくてもいいからガッツポーズができる人生を目指しています
  • 今年のゴールデンウィークは何もしませんでした😂
自己紹介 はじめまして ご訪問いただきましてありがとうございます。 自己紹介させていただきます。 出...

Twitterもやってます。

https://twitter.com/Shibakin_2019

昨年の今頃、バイクを買いました。

SR400というバイクです。

紹介している過去記事を貼っておきますね。

SR400 Final Edition 同い年の愛車です 昨年、バイクを購入しました。 こいつです😘 SR400 Final Edition🏍 ...

先日、このバイクを売却しました。

この時の話を記事にしたいと思います。

Baik, ayo mulai !! 🤩
(インドネシア語で、それでは始めましょう、の意味です😋)

もくじ
  1. なんで売ったの?
  2. 売る前にやったこと
  3. たった1年だったけど、大事なことを教えてもらいました

 

なんで売ったの?

所有期間はたった1年。

息子にも「なんで買ったの?」と言われてしまいました。

はい、私もそう思います。

なぜ、こんな短期間で売ってしまったのか。

答えは一つ。

思った以上に乗らなかったから

です。

知らんがな、って話ですね😂

元々アウトドアな感じの人ではない私ですが、
最近人生の変化を感じるようになり、何かしら変えたいと思った、
というのも購入したきっかけでした。

もちろん、良い商品だったというのもありますけどね。

ですが、やはり自分の生活のパターンはなかなか変えられなかったです。

嫁さんにも、そんなに乗らないよ、ともともと宣言していましたが、
あまりに乗らない私のことを不思議に思ってたみたいです。

私自身もなんかバイクに乗らないといけない、みたいな気持ちになってしまうこともあり、
バイクを所有していることが少しプレッシャーになっていたところもあります。

まあ、ここまで読んでいただいた方の多くが

なんじゃそら

と思われていると思います😅

意味わからないですよね。

まあ、こういう人間もいるということを理解してもらえるとありがたいです。

 

売る前にやったこと

ただ一つ、バイクを売る前にやったことがあります。

エキパイに溶着したカバーの除去です。

これまで何台かバイクを所有してきましたが、こういうことを体験したことはありませんでした。

だからこれを見つけた時はちょっと驚いたのですが、いろんな人に聞いてみると
意外とあるあるなんですね。

こんな感じです。

バイクから降りてエンジンを切った直後にカバーをかけてしまうと、
まだエキパイが高温のままなので、それに触れたカバーが解けてしまうんですね。

売却を考えていたところにこんなことになってしまったので焦りました。

でも、このまま売ったらきっと金額が下がるに違いない。

ということで人に聞きながら自分でこの溶着を除去してみました。

手順を簡単に紹介しておきます。

まず最初に、エンジンをかけてエキパイを温めました。

というのも、エンジンが冷えた状態だとこの溶着したカバーが固まってしまっていて、
とても簡単に除去できるような状態ではなかったからです。

スクレーパーのようなものでガリガリと削ると、確実にエキパイにキズが付いてしまうと思ったので、とりあえずこの溶着部を柔らかくしようと考えました。

そしたら思った通り、溶着部が柔らかくなり、除去しやすくなりました。

エキパイが熱いうちにスクレーパーでできるだけキズをつけないように除去しました。
この時、エキパイがめっちゃ熱くなっているので、やけどをしないように気をつけないといけません。
ちょっと触ってしまいましたが、めっちゃ熱かったです。

当たり前か😅

そして次に使ったのはコンパウンドです。

これはホームセンターとかで売っていると思います。


スクレーパーで除去したと言ってもダマになった溶着カバーがまだたくさん残っています。

雑巾を水に濡らした状態でまだ熱いエキパイをサラっと磨くように溶着を除去しました。

これで、だいたい大きな溶着部は除去できます。

その後、エンジンが冷えるのを待ち、完全に冷えたらスクレーパーを使ってダマを除去します。
この時が一番神経を使いましたね。

もともとめちゃくちゃ不器用な人間なので、エキパイにキズをつけないように細心の注意を払ったつもりです。

大まかにダマが取れたら、コンパウンドで磨きます。

コンパウンドで磨き、落としきれない大きめのダマをスクレーパーで除去する、
という作業を繰り返しました。

そして、最後の仕上げはピカールですね。



スクレーパーでついてしまった小さな傷をピカールを使って消していくようなイメージです。

今度はコンパウンドとピカールを交互に使って傷を消していきました。

作業を開始してから2~3時間かかったかなぁ。

ここまで仕上げることができました。

ちょっとくすんでしまったかなぁ、という感じでしたが、
不器用な私にしてはけっこう上手にできたんじゃないかなと思います。

おかげで?売却の査定時には何も影響を受けず、比較的高額で引き取ってもらえました。

所有期間中、なにもしなかった私ですが、最後に愛車らしいことをしてあげられたかなと思います。

 

たった1年だったけど、大事なことを教えてもらいました

短期間ではありましたが、このバイクを所有できたことに後悔はありません。

また、このバイクから大事なことを教わった気がします。

それは、無理をしない、ということですかね。

冒頭でも書きましたが、何かを変えようと思ってこのバイクを購入したわけですが、
その目的は達成することができませんでした。

というか、無理をして生活を変える必要なんてない、ということを改めて気づかされた気がします。

嫁さんも息子も、こんなに短期間で売却してしまったことに対して文句を言ってきますし、
私が逆の立場でもそう思うと思いますが、
今はこのバイクを手放したことでなんだか本当の自分に戻ったような気がしています。

バイクを購入した時のきっかけがあまりピュアな物ではなかった、というのもあると思っていますが、自分では望まないのにこうじゃなきゃだめという風に勝手に思い込んで無理をする。
そしてその無理に自分を合わせていく。

私はそれに早めに気づくことができて、早めに手放す決断ができたということは
自分にとっても良かったなあと思っています。

これを機に、もっと自分の身の回りの不要な物、無理して持っている物などを
整理してみようかなと思いました。

連休も今日で終わりです。

明日からはまた日常が戻ってきますが、変化の少ない日常こそが実りが最も大きいということを時々思い出しながら、いろんなことに取り組んでいきたいと思います。

 

もしこの記事を読んで良いと思われたようでしたら、
コメントをいただけると励みになります。